2018年07月17日

長野駅前にできたボドゲカフェ、SUBBOXでボードゲームの販売が始まったそうです

 タイトルから既に情報量が多い! ……というワケで、今日書きたいことを纏めると以下の3点になります。

・長野市、並びに長野県としても初の常設のボードゲームカフェ、SUBBOXが長野駅前にオープンしました。(URL)
・ということで実際にSUBBOXに行ってきました。店内の雰囲気を紹介します。
・SUBBOXではテンデイズゲームズさんのボードゲームも販売していますよ。

 何から書いたモノかなとも思うんですが、まずはSUBBOXの立地から。知り合いに「ボドゲカフェができたよ」って伝えるとみんな場所を聞きたがるんですが、口頭で説明してもスムーズに伝わる確率がめちゃくちゃ低いのでGooglemapを貼ります。これが一番早くわかるかと!



 長野駅前善光寺口から善光寺の方に歩いて徒歩4分。建物自体は白いビルなのでわかりやすいんですが、目印はビルの前に看板がぴょこっと出てるだけなので目に付きにくいかも…… 千成寿司の向かいにある千成ホワイトビルの地下1階にあります。店自体の駐車場はないので電車など利用した方が行きやすいかと思います。ご存知の通り、長野駅前は利用しやすい駐車場がなかなかないんですよな……

 営業形式ですが、料金体系は時間制とフリータイム両方があって、1時間の利用だとドリンク付きで350円、フリータイムは平日が1000円、土日祝が1500円。フリータイムはドリンクが2杯つくそうです。
 営業時間は14:00〜22:00。火曜日が定休日となっています。今後、変更もあるかもしれないので、最新の情報は公式サイトで確認してください。

 あと、これも良く聞かれるんですが、店長の滝沢さんはこれまで長野市ボードゲーム会などのゲーム会の参加経験はないとのことで、ゲーム会に参加している方でも面識のある方は少ないかもしれません。ぼくもお店に伺って初めてお会いしました。
 今年に入って長野県の各地でボードゲームを事業的に活用する試みが幾つか散見されるようになってきたんですが、それらには1つ共通点があって、その代表の方々って全員オープンゲーム会に参加しないタイプの方々なんですよね。
 これは色々な見方があるとは思いますが、ボードゲームを遊ぶことだけを目的としてボードゲーム会に足を運ぶのって趣味の浸かり方としては結構ディープな部類ではあります。日常的にボードゲームを遊んでいる立場からすると観測の範囲外の方々ということになるんですが、それは裏を返せば家族や友人といった緊密な間柄でカジュアルにボードゲームを遊ぶ人が想像以上に増えているということなのではないかなあとも思います。
 あと、ガッツリとボードゲームを遊んでる人からすれば、色々と見えすぎていて商売にしようとはなかなか思わないところもあるかと思います(現状、ボードゲームの市場規模ってTCGの20分の1とかですからね)。どうしてもリスクが先立つ印象です。
 そういう意味ではジャンルの中心部より辺縁部の人の方が起業までの勢いがつくのかなあ、と思ったりもします。ぼくとしてはジャンル的にも地域的にも色々とハードルの多いこの分野に敢えてチャレンジした方々の勇気を最大限に称賛します。


 ということで、能書きはこのくらいにして、店内の様子について。店長さんの許可を頂いて店内の写真を何点か撮ってきました。



 右手に見えるのが入り口。入り口の右奥がメインのプレイスペースになります。



 入り口の左手側にも机が1卓。衝立の奥にトイレがあります。なので席数としては20席程度? この手のボドゲカフェとしては比較的小ぶりな印象。



 プレイスペース中央を写したもの。棚の上には100個近くのボードゲームがあります。



 もう少しアングルを変えてみるとこんな感じ。



 ボードゲーム用の用具様々。カードが取りやすくなるプレイマットやチップなどの取扱に便利な小皿など。



 ストローなど。ここで重要なのはコースター。ドリンクの結露でカードが汚れたりするのを防ぎます。



 入り口正面の棚には店長さんオススメのボードゲーム10選。その脇はボードゲームの販売スペース。



 もう少し近寄るとこんな感じ。テンデイズゲームズさん取扱のゲームが並んでいます。駅前だとハンズやドンキにもボドゲが若干ありますが、そことはラインナップを意図して外している感じ。テンデイズさんは地域店舗を重視しているとのことで、いわゆる量販店などにはあまりゲームを卸さないという話を聞いたことがあります。
 私の世界の見方、テレストレーション、コードネームなど、お店の方針を反映してか多人数パーティーゲームが多いですね。2017年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞したキングドミノもあります。

 このボードゲーム販売は現在は試験的なものとのことで、とりあえず1ヶ月ほどやってみるとのことです。期間の延長だったりラインナップの拡充だったりは反応を見て考えたいとのことなので、ぜひ、ボードゲーム好きの皆々様にはこの機会に購入を検討して頂ければと。
 店頭で実際にゲームを目で見て、しかもゲームの特徴などを説明して貰った上で購入を検討できる機会は長野では貴重ではあります。その辺はハンズやドンキでは難しいサービスであることは間違いないのでプレイスペースの利用と並んでこの店の特色として定着してくれると嬉しいですね。



 お店の利用やボドゲの購入でポイントが溜まるポイントカードには様々な特典が用意されているようです。ボードゲームの持ち込みや相席でもポイントが溜まるのも嬉しいですね。
posted by ホリケン at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

6/24 第41回長野市ボードゲーム会



 6月開催のボードゲーム会には初参加の方も含めて23名の方にご参加頂きました。この日は会議室での開催とアナウンスしながら、こちらに手配ミスがありまして狭い208号室での開催となってしまい、参加された皆様に御迷惑をおかけしてしまいました。すみませんでした。
 ミス自体は単純なうっかりではあるんですが、このところ多くの方にご参加頂いているので、なるべく快適な環境を用意できるように気を配っていきたいと思います。


 私の世界の見方。今回は最近発売された拡張カードのもっと私の世界の見方を混ぜてのプレイ。ルール自体は同じなのでプレイ感に大きな変化はありませんが、新しいネタが投じられると新鮮味があります。拡張カード込みの箱はどっしりとした重さがありますね。


 サウマウマウ。マウマウはいわゆるウノのことで、サウはブタ。つまりブタウノです。ウノのルールを下敷きにブタレースの賭けも行う2018年最新版のウノ。この日のプレイにはルールに若干の間違いがありましたが、シンプルなルールで様々な展開があり、ゲームは抜群に面白いです。


 ダウンインフレイム。国産の空戦ウォーゲーム。ここでは食玩の飛行機を用いてプレイしています。


 成敗。時代劇をテーマにした国産の協力ゲーム。限られた時間の中で準備を整える必要があるのですが、全ての悪人を倒さないとゲームクリアにならないため、難易度はかなり高いです。


 テイクイットイージー。最近日本語版も発売されたビンゴのような同時進行型のボードゲーム。同じ数字のラインを作ることができれば数字分だけ得点が入りますが、結局出てこないタイルも多く、狙った形に盤面を仕上げるのは難しいです。


 すずめ雀。数字を減らしたミニマルな麻雀。役なども整理されていて、初めて遊ぶ人にはとっつきやすい内容です。


 惨劇ルーパー。国産の非対称型対戦・協力ゲーム。ゲームマスター1人とプレイヤー3人に分かれて対戦するループものを下敷きにしたゲームです。


 フンタカードゲーム。古典的な名作マルチゲーム、フンタをカードゲーム化したもの。フンタは4時間くらいかかる結構な長時間ゲームだったりするんですが、こちらはそのエッセンスを抽出して短時間で遊べるようにしたものです。


 スペースベース。宇宙版街コロと言った趣の宇宙開拓のゲーム。街コロよろしくサイコロの出目に対応して資源が産出されるのですが、2つのサイコロの出目をそれぞれ別々に適用するか、足して適用するかどちらか選べるところにひねりがあります。


 レベル8。8つのお題の達成の早さを競うラミー系のカードゲーム。役を作ると人に利用されてしまうのでなるべく後から動きたいのですが、様子を伺っているうちにゲームが終わってしまうことも多々。


 ハピエストタウン。国産のカードゲーム。サンファンのように手札をコストとして支払う拡大再生産のゲームということらしいです。


 ボトルインプ。日本語版が発売されてプレミア感も和らいだ古典的トリックテイキングゲーム。悪魔のボトルのもたらす強烈な攻撃性が人を選ぶゲームではありますが、同時に中毒性も高いゲームでもあります。


 ギャンブラー*ギャンブル。裏向き一斉公開する数字の合計を予想するギャンブルゲーム。思ったよりも収束性の高いゲームで、手札の強化を図るか、それとも一直線に勝ちを目指すか判断が問われます。


 フンタ。フンタカードゲームを終えたあとで始まった正調フンタ。時間の関係で多分終わらなかったんではないかと……


 ミネルウァ。アメリカのパンダザウルスゲームスが豪華版を製作した元国産ゲーム。様々な効果を持つ街タイルから収入を得る拡大再生産のゲームですが、収入を得られる回数には限りがあるため、どこまで我慢するかのジレンマがあります。


 タイムボム。国産の人狼系ゲーム。自分がタイムパトロールであることを表明して爆弾を解除していくのですが、仕事ができないといやーな汗が背中を伝うことに。仕事の出来不出来で人格を疑われるゲームです。


 ザ・マインド。2018年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作。1から100まで書かれた数字のカードを相談なしにリアルタイムで昇順にプレイしていく協力ゲーム。独特の緊張感があります。


 ペッパー。取ったトリックが失点に繋がるトリックテイキングゲーム。ペッパーが描かれた1のカードが手札として再利用できるのがポイントで、ゲーム終盤にはダイナミックにペッパーが行き来します。


 ごいた。金沢は宇出津地方発祥の伝統ゲーム。受け将棋に類似したゲームで、ペアを組んで戦う4人専用のゲームです。

 既に告知済みですが、次回のゲーム会の日程は7月22日の日曜日です。会場は午前が208号室、午後が会議室という形になります。前回は移動が遅れて注意を受けたので12時半には移動を完了させたいと思います。机や椅子の準備、片付けなどご協力頂く場面もあるかと思いますがよろしくお願いします。
posted by ホリケン at 20:31| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

7/22 第42回長野市ボードゲーム会

7/22 第42回長野市ボードゲーム会

場所:柳町働く女性の家2階・208号室/会議室
開催時間:午前9時〜午後5時
参加費:200円 初参加・学生の参加は無料

※今回は午前が208号室、午後が会議室の利用となります。

ボードゲームが初めての方、ゲーム会が初めての方でも手ぶらで気軽にご参加ください(ゲームの持ち込みももちろん歓迎です)。見学だけの方も歓迎します。
会場は「柳町働く女性の家」となっていますが、男性の方も参加できます。
平林街道沿いの柳町中学校の東側の建物です。
駐車場もあります。「柳町働く女性の家」の道路を挟んで南側に一つ。建物の北東側に一つ。
会場内飲食可能。ただしゴミは各自持ち帰ってください。昼食はコンビニ等で事前に用意する方が多いです。



 施設の都合から17時完全撤収となっていますので、ご協力お願いします。16:50にはゲームを片付けて撤収作業に移りたいと思います。
posted by ホリケン at 20:23| Comment(0) | 開催告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする