2017年03月30日

3/26 第27回長野市ボードゲーム会



 先日のボードゲーム会には18名の方にご参加頂きました。先月に引き続き大変賑やかなゲーム会となって嬉しい一方でそろそろ部屋が手狭になって来たのではないかなという雰囲気も窺えます。これについてはもうしばらく様子を見たいと思います。
 また、参加者が増えたことでゲーム選択の幅が広がる一方で、どのゲームを何人で遊ぶか、という交通整理が難しくもなってきます。参加者の方には遊びたいゲームをドンドンと提案して頂いて頂けるとありがたいです。


 そんな顔してどうしたの? 動物顔まねクイズゲームとでもいうべきこのゲームは、テーブル上に並べられた6枚の動物の写真の中から秘密裏にダイスで決めた動物を出題者が顔まねします。出題者以外のプレイヤーは全員回答者となって親の顔まねした動物は何かを当てるのですが、複数のプレイヤーが正解した場合は正解したプレイヤー同士で顔まね対決を始めます。動物の微妙な表情に思わずツッコミを入れたくなる腹筋と表情筋が鍛えられるパーティーゲームです。


 ズーポリス。各人が共通の1-5の数字が書かれたカードを持ち、得点となる動物カードに伏せて置き、最も大きな数字を公開したプレイヤーが得点を得る……という概要だけならどこにでもありそうなゲーム。ただし、このゲームはカードを公開する前に他人の伏せたカードの数字を当てたら取り除けるという要素を加えていて、これが読み合いにもう一捻りを加えています。アイディア賞!


 そっとおやすみ。最近になってすごろくやさんから日本語版が発売されたカードゲーム。カードを交換して手札を揃えたプレイヤーはいつでも手札を倒して上がりを宣言することができます。そしてここからがこのゲームの勝負の始まり。すべてのプレイヤーは一斉に手札を倒し、最も手札を倒すのが遅れたプレイヤーがペナルティを受けます。椅子取りゲームのように瞬間的に勝負が決まるゲームなので和やかな会話の中で妙な緊張感が漂うゲームです。


 ゲームオブトレイン。手前に並べられたカードを小さな数字から大きな数字へと数字順に並べ替えるゲーム。カードにはそれぞれ特殊効果があり、この効果を活用できるかどうかが勝負の分かれ目になります。


 ペアってにゃー。サイコロを振って決めたお題(例えば「は」で始まる食べ物)を決めて、全員が一斉に宣言。自分と同じ答えを上げたプレイヤーが1人だけいれば(ペアになれば)ポイントゲット、というゲーム。回答が1人だけでも3人以上でもダメなので、ほどよく思いつける言葉を選ばないと得点になりません。


 キャット&チョコレート日常編。日常の様々な危機に対して指定された枚数の手札を使ってどのように切り抜けるかをプレゼンする大喜利系のゲーム。指定された枚数の手札を必ず使わなければならないのがポイントで、全く関係ない手札をどのように解決に絡ませるか発想力が求められる局面が多いです。


 ヴィア・ネビュラ。重厚なゲーム作りで知られるイギリスのゲームデザイナー、マーティン・ワレスが気鋭のフランスのゲームメーカー、スペースカウボーイズとタッグを組んで送り出した60分級のピックアンドデリバー(実プレイ時間は90分くらいだったかな?)。ワレスの得意とするインタラクション豊富なネットワーク構築を現代風にシェイプアップしつつ氏の代名詞でもある借金要素をこっそりと忍ばせるいたずら心が見逃せません。


 こちらは同じワレスの代表作ブラス。イギリスの産業時代を舞台にしたゲームでプレイヤーは様々な産物の需要と供給を睨みながら工場や港を建設して利益を上げていきます。細々とした例外処理が随所にありながらも基本的なルールはスッキリとしていて、近年の重ゲーに慣れた身からするとむしろ清々しさも感じるほど。しかしながら手札管理のままならなさに終始唸りっぱなしの苦しくも楽しいゲームです。この日は参加希望者が多すぎて嬉しくも申し訳ないまさかの事態になりました。またやりましょう。


 PIX。ドット絵でお題を表現する一風変わったお絵かきゲーム。お絵かき要素とは直接には関係ないんですが、グループ内対抗戦とでも言うべきプレイヤーのグループ分け要素に他のゲームにはないオリジナリティがあって、ドット絵というアイディア頼みに終始しないこのゲームならではの味わいがあります。


 Dwar7s Fall。タイトルはDwarfのfを左右逆にして7にしています。こちらは参加していないので詳細はわからないのですが、冬に備えてドワーフ達が宝石や食料を集めて城を建てるタイル配置のゲームだそうです。


 クロンダイク。砂金採りを模したゲームです。手番プレイヤーはパンニング皿を揺すって砂金だけを皿に残すようにうまく操るのですが、同時に他のプレイヤーは手番プレイヤーが幾つ砂金を皿に残せるかを予想します。砂金だけをうまく皿に残すのは結構難しく、一生懸命に皿を回すプレイヤーの姿におかしみがあります。


 ロイヤルターフ。グループSNEから日本語版が発売されたクニツィア作の競馬予想ゲーム。プレイヤーは観客となってそれぞれ勝ち馬を予想するのですが、同時にダイスを振ってどの馬を進めるかを決めます。多くのプレイヤーが賭けた馬は優勝する確率も高いですが一方で配当も低くなってしまいます。他のプレイヤーと協力しつつも要所で出し抜く大胆さが必要なゲームです。


 世界の七不思議デュエル。パンテオン拡張入り。拡張要素として新しく加わった神カードは第一時代にどんなカードをコイン幾つで使えるかが決まり、第二時代以降に真価を発揮します。拡張なしに比べてサドンデス勝負で決まりにくいのかも、という感覚もあり、得点カードを確実に獲得していくのが重要なのかもしれません。


 カルバ。2016年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作。タイルを配置して道を作り、冒険者を遺跡まで導くゲームです。言わばビンゴ方式で読み上げられた番号のタイルを全員が同じタイミングで使用するのですが、それだけに他のプレイヤーの動向を伺い、一歩でも早く遺跡まで辿り着くことが肝要となります。ルールは至極簡単ですが随所に勝つためのテクニックが潜んでいて習熟のレベルに応じて異なる表情を見せるゲームでもあります。


 マギアレーナ。カナイセイジさん作のギャンブルゲーム。闘技場を舞台にどのモンスターが勝利するかを予想しつつ、そのモンスターが勝てるように手札を使って肩入れします。カナイセイジさんの代表作「ラブレター」から遡ること4年前、2008年発売のイカサマージをリメイクしたもので、伏せカードから特殊能力が飛び交うバタバタ感は後年の「成敗」にも通じるところがあるようにも思います。


 ブラフ。1993年のドイツ年間ゲーム大賞。最近アークライトから日本語版の発売がアナウンスされたのですが「そう言えば日本語版ってなかったな」と初めて気づかされたような定番感のあるゲームです。ブラフのタイトル通りハッタリをかますゲームではあるのですが、ダイス運に自信のない人ほど、ハッタリなんか言わずに正直に生きていきたいナアと思わされるゲームでもあったりします。


 アメン・ラー。2003年のドイツゲーム賞1位。最近テンデイズゲームズから多言語版が発売されましたがこの日遊ばれたのは当時の原語版。クニツィア作のゲーマーズゲームでやはり氏のゲームに多く見られる競りを主体としたゲームです。特徴的なのはゲームが前半と後半に分かれていて、ナイルの洪水が起きた後半戦では前半戦で建てられたピラミッドによって土地の価値が前半戦とは全く様変わりするところ。エジプト文明のスケール感を上手くゲームに活かしています。

 写真は撮っていませんが、他にも私の世界の見方、ペンギンパーティ、QUIXO、ラブレター、タイムボム、パッチワーク、花見小路などを遊びました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。一応、4月30日が予定としては濃厚です。
posted by ホリケン at 21:59| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

3/26 第27回長野市ボードゲーム会

3/26 第27回長野市ボードゲーム会

場所:柳町働く女性の家2階・208号室
開催時間:午前9時〜午後5時
参加費:無料

ボードゲームが初めての方、ゲーム会が初めての方でも手ぶらで気軽にご参加ください(ゲームの持ち込みももちろんOKです)。見学だけの方も歓迎します。
会場は「柳町働く女性の家」となっていますが、男性の方も参加できます。
平林街道沿いの柳町中学校の東側の建物です。
駐車場もあります。「柳町働く女性の家」の道路を挟んで南側に一つ。建物の北東側に一つ。
会場内飲食可能。ただしゴミは各自持ち帰ってください。昼食はコンビニ等で事前に用意する方が多いです。



 施設の都合から17時完全撤収となっていますので、ご協力お願いします。16:50にはゲームを片付けて撤収作業に移りたいと思います。
posted by ホリケン at 19:38| Comment(0) | 開催告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする