2014年04月24日

ボードゲームとは?

 このサイトで言うボードゲームは「電源を使ったビデオゲーム、コンピューターゲーム」ではない「アナログなゲーム」を指します。その中でも90年代のドイツから勃興した「ドイツゲーム」と呼ばれる文脈のゲームを主に遊びます。
 「囲碁」「将棋」「麻雀」「トランプ」「ジェンガ」「カルタ」…… これらも広義のボードゲームです。
 トランプやジェンガはボードを一切使わないゲームですので、一口にボードゲームと括ると違和感があるようにも思います。ドイツではこうしたゲームの諸々を「シュピール(Spiel)」と呼称しています。Spielは英語のPlayに相当する単語ですが、この一言で多種のアナログゲーム(おもちゃ全般)を指す便利な一言になっています(日本でピコピコと言えばデジタルゲームを指すように)。

 ボードゲームは簡単なものから難しいもの、サイコロを振って運を試すものや反射神経勝負のもの、10分で終わるものから時には半日かけて1ゲームに取り組むものまで多種多様です。
 ボードゲームの世界は新しい楽しさに満ちています。数多くのボードゲームの海から自分好みの一品を探し当てる楽しさもあります。時には自分でも気付かなかった特技をボードゲームで発見することもあるでしょう。
 ここではそんな数多くのボードゲームから一例をご紹介します。

P1000100.JPG
 「ワニに乗る」は動物コマを積み上げるゲームです。手持ちの動物コマを全部使いきれば勝ち。崩してしまうと崩した動物コマを引き取らなければなりません。プレイ人数2〜4人。プレイ時間20分。


P1000070.JPG
 「なつのたからもの」は夏の思い出を集めるゲームです。カード左上、右下の数字が得点になりますが、同じ絵柄の思い出がダブった場合はその中で一番大きな数字だけが得点になります。また、同じ数字の思い出3種を揃えるとボーナス点になります。プレイ人数2〜5人。プレイ時間20分。


P1000049.JPG
 「ブロックスデュオ」は陣取りパズルゲームです。手持ちのピースをなるべく多く盤面に置くことを目指しますが、同色のピースは「角同士をくっつける」制限があります。4人用の「ブロックス」もあります。プレイ人数2人。プレイ時間30分。


P1000026.JPG
 「ファウナ」は動物クイズゲームです。動物の生息地、体長、体重、しっぽの長さ、などを当てるゲームです。プレイ人数2〜6人。プレイ時間60分。


P1000074.JPG
 「ストーンエイジ」は石器時代をテーマにした戦略ゲームです。木、粘土、石、金などの資源を集め、立派な家を建てたり文化を得ることで得点を獲得します。プレイ人数2〜4人。プレイ時間90分。


P1000084.JPG
 「ツォルキン-マヤ神聖暦-」はマヤ文明をテーマにした戦略ゲームです。歯車に労働者コマを配置して食料、資材、技術、信仰を得ることで部族の発展を目指します。プレイ人数2〜4人。プレイ時間2時間。


 ここで挙げたボードゲームはほんの一部です。世界中で多種多様なボードゲームが製作・販売されています。その数はなんと年間で1000タイトルとも言われています。

 世界では1年に1000タイトル以上の新作が発売されている - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

 また、ボードゲームを題材にしたマンガ「放課後さいころ倶楽部」は、ボードゲームを遊ぶ雰囲気の参考になるかと思います。一言では表しにくいボードゲームの幅広さの一端に触れることができます。

放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) [コミック] / 中道 裕大 (著); 小学館 (刊)     放課後さいころ倶楽部 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス) [コミック] / 中道 裕大 (著); 小学館 (刊)
posted by ホリケン at 11:08| Comment(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: