2016年04月13日

4/10 第18回長野市ボードゲーム会


 先日のボードゲーム会には7名の方にご参加頂きました。直前の告知になってしまったこともありましてなかなか足を運びづらい状況ではあったと思います。参加してくださった方々ありがとうございます。



 トラムバーン。2015年のエッセン新作の2人用ゲーム。プレイヤーは鉄道会社の社長となってより多くの得点を稼ぎます。ゲーム開始当初は馬車でお客さんを運んでいたのが汽車→電車とパワーアップしていきます。
 1枚のカードに3つの使い方があるのが特徴で決算のタイミングなど悩ましい作りです。自分だけが得点を得られる8枚ボーナスの使い方が大事なのかなと感じました。



 宝石の煌めき。ゲームマーケットで購入してきたという宝石の煌めき専用のプレイマットを敷いてのゲームです。2人でも3人でも4人でも問題なく遊べてコンポーネントがリッチ。移し替えれば持ち運びもしやすいと、日本でのゲーム環境にマッチしたゲームなのが人気の秘密なのかなーと思います。



 ジャイプル。インドのマハラジャをテーマにした2人用の商売ゲーム。自分の手番で補充されたカードが高価な財宝だったりすると思わず声が漏れてしまいます。なるべくカードを引かないようにコントロールするゲームという印象。



 カタンカードゲーム。カタンのエッセンスが散りばめられていますが、サイコロではなくカードを山札から引いて建設を進めるゲームという印象。終盤は得点源となる騎士や街道の奪い合いになるのでいかに10点を揃えられる手札を溜めるかの勝負になります。



 ペッパー。マイナス点となるペッパーカードをなるべく引き取らないようにするトリックテイキングゲーム。基本的なコツは手持ちの色数を減らして大きな数字を捨てられる機会を増やすことです。大抵の場合、最終ラウンドが大勝負になるので最後の最後まで気が抜けません。



 チーキーモンキー。ぬいぐるみの中から動物チップを取り出して集めるゲームなんですが、同じ動物チップを引いてしまうとアウト! これまで引いた動物チップを返さなければなりません。動物チップの割合は刻一刻と変わってくるので何が危険な動物か判断するのが大事なゲームです。



 怪盗ジュエル。シンプルなバッティングゲーム。優先的にお宝が取れるゲットカードは強力ですがその分バッティングする確率も高い諸刃の刃。慎ましさと時に大胆さが求められるゲームです。



 グランドオーストリアホテル。去年のエッセンスカウトアクション7位。お客さんの様々な要望に応えてホテルに泊まって貰うのが目的です。多数のスタッフカードのおかげでリプレイアビリティも高い戦略ゲームです。



 ゲシェンク。マイナス点のカードを引き取るかチップを払ってパスするかの二択で進むゲーム。連番の数字を揃えるとマイナス点は一枚分で済むのでオトクですが、最初に抜かれた9枚が実は必要なカードだったりするかもしれません……

 写真は撮っていませんが、他にククやピックスなどを遊びました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。
 平安堂のボードゲーム体験会は告知通り、4月23日に開催します。よろしくお願いします。
posted by ホリケン at 21:07| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: