2016年07月26日

7/23 第19回ボードゲーム体験会in平安堂


 先日のボードゲーム体験会には5名の方にご参加頂きました。平安堂でのボードゲーム体験会もなんだかんだで1年近く続けているのですが(去年の7月26日が初めてだったようです)、最近は物珍しさもなくなったのか落ち着いた感じになっています。ただ、こちらの会で初めてオープンなゲーム会に参加される方も少なくないのでこの活動は今後も続けていきたいところです。


 ドミニオン。ドミニオンは店内に誰でも遊べるサンプル品が置かれているのですが、先日カードの中身がぐちゃぐちゃになっていたので確認がてら箱を開けてみたところせっかくなんで遊んでみましょうと言うことに。全員経験者だったのでランダムサプライで競技的にプレイ。こういう遊び方は意外と久々な感じですね。


 ペンギンパーティ。かわいい絵柄でその実苛烈なペンギンの生存競争をフィーチャーしたカードゲーム。このゲームを説明する時、いつも「説明書のようにカードを出せば全員手札を出しきれるハズなんです」と力説するんですが、結果そうなった光景を見たことがありません。


 ピックス。ドット絵でお題を当てるコミュニケーションゲーム。出題者側はチーム対抗戦の様相を呈しているので、先に出題権を得るか、それともしゃがんでヒントが溜まったところで出題するか、問題の難度と自分で作ったドット絵の出来栄えに応じて攻めるタイミングが変わるのが妙味です。


 ビブリオス。得点となる5色のサイコロをそれぞれ対応した5色のカード点で獲得するゲーム。最も多くのカード点を集めたプレイヤーしか得点を獲得できないので他プレイヤーがどの色を狙っているのか探りつつ、最小の労力で最大の得点を獲得することが大事になります。


 どっちの始末Show。ヘッポコ部下の始末書を我先に上司に提出しあい、最後まで緊急度の高い始末書を出しそびれたプレイヤーがペナルティを負うカードゲーム。この日は新ルールの「失点カードを6種類揃えたら負け」で遊び、全員が失点カードを5種類揃えた緊迫の展開から、6種類目を獲得したプレイヤーが敗北となりました。

 次回のゲーム会ですが現在のところ全くの未定です。日程が決まり次第、告知いたします。
posted by ホリケン at 22:05| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: