2016年08月17日

8/14 第21回長野市ボードゲーム会


 先日のボードゲーム会には7名の方にご参加頂きました。お盆最中の開催ということもありまして、あまり集まりはよくないのかな、と思っていたのですが2卓立つほどには人が集まってくれたのでホッとしました。ゲーム会の都合的には1卓だと途中参加の方がいらっしゃった際に対応しづらいので(進行中のゲームを続けるか打ち切るかを決めなければならないので)、2卓立っている方がどちらかの卓が終わり次第そちらに参加するというような形で柔軟に対応できるんですよね。


 ブラックウィーン。発売は1987年という時代物。メーカーはカタンでお馴染みコスモスですが、カタンの発売はそれから8年後の95年なので後のメジャーメーカーの片鱗が一切見えない同人ゲームのような簡素な梱包です。ゲームは全27枚から抜かれた3枚の容疑者カードを質問とメモ書きを駆使して探し当てるという推理とロジックのゲーム。ルールは簡潔ですが非常に難易度が高く、参加者全員が推理に失敗することもあり。繰り返し遊ぶことでロジックを磨く楽しさが味わえるゲームですね。


 パッチワーク。ウヴェ・ローゼンベルクの2人用のアブストラクトゲーム。最近人の集まりがいいので出番が少なめでしたが、今回久しぶりの登場。ゲーム終了時に7点を獲得できる7点タイルの奪い合いがゲームの核の一つですが、7点タイルを獲得した盤面では幅3マスのタイルが極めて取りづらくなるので経験者同士ではそれを見越した駆け引きもあります。奥深い。


 オーマイグッズ。今年のKdJを受賞したアレクサンドル・プフィスターのカードゲーム。エンジンはまさかの坊主めくり。と言っても同作者のポートロイヤルも坊主めくりエンジンなので、この作者は坊主めくりが好きなんでしょう。極めて運に左右される局面の多いゲームではありますが、それだけにギャンブルな快感があります。基本的には頭を空っぽにして遊ぶゲームだと思います。


 ボトルインプ。小説「びんの子鬼」をモチーフに取ったトリックテイキングゲーム。と言っても、原作知らなくても全く問題なく遊べるゲームですが。作者のギュンター・コルネットは「オイ、それはオレの魚だぜ!」とか「カフナ」の人。変なトリックテイキングを作ることで知られるギュンター・ブルクハルトと間違えやすい。
 ゲームは割とスタンダートなマストフォローのトリックテイキングなんですが、切り札的な扱いの最強カードがコロコロ変わるのが特徴。切り札を持っていればもちろんトリックには勝ちやすいのですが、最後に切り札でトリックを取ったプレイヤーはなんとこのラウンドの得点が得られないばかりか失点まで食らってしまうのです。どこまで切り札で得点を稼ぐか引くかの読みが熱いユニークな触感の破滅的トリックテイキングゲームです。


 宝石の煌めき。4人で程よい時間で回せそうなゲームを、ということでこれを。非常に贅肉を削ぎ落としたソリッドな拡大再生産のゲームですが、クセになるプレイ感に反して意外と勝ち筋が直感的でないゲームなのかも、という気もします。そういう意味で競技的にゲームを遊ぶ際の手数の概念を覚えるには役立つゲームなのかも、と思ったりもして。まあ、そんなこと考えなくても重量感のあるコインを弄ってるだけで楽しいゲームです。


 チグリス&ユーフラテス。クニツィアにしては珍しいじっくり2時間級のゲーマーズゲーム。パッと見には陣取りに見えますが、その実はアクワイアからの流れを組む国家の利益とプレイヤーの利益が異なる二重構造の視点を持つゲーム。内戦と戦争の違いなどややこしい点は多々あれど自由度に満ち満ちたプレイ感と絶え間ない国家の発展と分裂の歴史的世界観に魅了されます。


 ロールフォーザギャラクシー。ホビージャパンの日本語化作業がプレイアビリティ向上にとても貢献している辺りグッジョブな銀河帝国創生ゲーム。カードゲーム、レースフォーザギャラクシーと同じ世界観を有するダイスゲームですが、どちらも遊んだことはないという方にはロールフォーザギャラクシーをまずはオススメ。公開情報が多いゲームなので「このタイルの能力ってどういう意味?」と言った疑問を他のプレイヤーに投げかけることができます。

 写真は撮っていませんが、他にもフィフティフィフティなどが遊ばれました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。
 平安堂のボードゲーム体験会は告知通り、8月20日に開催します。今回が最終回となりますのでよろしくお願いします。
posted by ホリケン at 21:47| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: