2016年09月29日

9/25 第22回長野市ボードゲーム会


 先日のボードゲーム会には8名の方にご参加頂きました。初めて参加された方には「これまでボードゲームを遊んだことがありますか?」と聞くことが多いんですが、ボードゲーム経験のある方からはカタンを遊んだことがあるとの回答を一番多く頂きます。次がドミニオンかな。ゲーム会ではカタンはぽつぽつ立つ程度なんですが実はカタンを遊びたい方はもしかして想像以上に多いんでしょうか。


 交易王。現在、日本語版がニューゲームズオーダーから発売されていますがこちらはドイツ版。味付け程度に用意されてる特殊能力カードを誰がどのように取るかで終了トリガーが引かれるまでの時間が決まるのでお互いの動きを観察しつつ誰と協力し、誰と敵対するかが大事なゲームですね。


 珍しいリトアニアのゲーム。ビジュアルが抜群にいいこのゲーム、タイルを組み合わせてカッコイイ車を作るリアルタイムゲーム。それだけw 激しく出落ち感のある内容、かつ子供向けということもあり、駆け引きで頭を悩ませるタイプのゲームではありませんが、童心に戻って延々と車を作り続けてしまう中毒性が潜んでいたりします。 


 オーマイグッズ。手軽に運試しと手札のマネジメントが楽しめるので遊ばれやすいこのゲーム。牛戦術最強説に待ったをかけた桶戦術最強説とのバトル。今回は桶戦術が勝利しました。


 王宮のささやき。現在グループSNEから日本語版が出ていますが、こちらはアドルングのドイツ語版。今の時代的には複雑な動きをするラブレターという言い方もできそうなゲームですが、独特な挙動は今でもオリジナリティがあります。


 セレスティア。クラウド9のリメイク。組み立て式の飛行船が目を引きます。最近のゲームはこういう立体的なコンポーネントが多いですね。より遠くまで旅を続けるか、それともここで宝を手に入れて帰るか、二択の判断を迫られるチキンレースのゲームですが、船長とそれ以外のプレイヤーという非対称構造がより選択に奥行きをもたらしています。


 私の村の人生。ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門を受賞したこともある村の人生のダイスゲーム版。元の村の人生と同様に村のために早死にしたワーカーは得点になります。が、今回は得点は一時的にプールされて即座に手に入らないのがポイント。せっかく手に入れた得点がペストで半減してしまい「あの人の死は無駄だった……」と嘆くことも。ダウンタイムの長いゲームなので3人がいいですかね。


 ゲームオブトレインズ。写真が撮れなかったので説明書だけでも。降順に並べられた7枚のカードを昇順に並べ替えるゲーム。様々な特殊効果が予想外の働きをしてリーチをかけてもなかなか上がれません。


 二つの街の物語。隣り合った両肩のプレイヤーと協力してそれぞれ二つの街を作り、低い方の得点が最終的な得点になるゲーム。タイルをドラフトして街を作るのですが、隣のプレイヤーに使って貰うために回したタイルが遠い街に使われてしまうことも。ユニークなプレイ感でサクサクと遊べるゲームです。


 砂漠を越えて。ライナー・クニツィアの多人数アブストラクトゲーム。多人数のアブストラクトゲームは基本的には殴り合いになるので、ダイスを振ったりするような盛り上がる要素が用意されていなくても会話だけで盛り上がります。気心の知れた間柄で遊びたいゲーム。


 ごいた。初めてごいたを遊ぶ人もいたのでごいたの妙味を味わって貰おうと思ったのですが、この日は王2枚やら香3枚やらが頻繁に飛び出して終始ざっくりとした試合展開。まあ、そういう日もありますね。


 ペンギンパーティ。ニューゲームズオーダーから日本語版が発売されていますがこちらは英語版。こちらの絵柄の方が好きという方もいらっしゃいます。日本語版が潤沢に流通している今となっては想像しづらいんですが、このゲームが入手難だった時期もあったんですよね。……毎回のように遊ばれているのでコメントもいささか難しくなってきました。

 写真は撮っていませんが、他にもネイバルウォーなどが遊ばれました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。多分有力なのは10月23日。
 また今冬に会場は上田サントミューゼにて第2回の信州アグリコラ大会を開催します。こちらも当ブログにて後日告知します。
posted by ホリケン at 20:43| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: