2017年01月25日

1/22 第25回長野市ボードゲーム会

 先日のボードゲーム会には10名の方にご参加頂きました。年明け最初のゲーム会という時に直前での会場変更など不手際が続きまして皆様にはご迷惑をおかけしました。今回の反省は今後の改善に活かして行きたいと思います。こんな感じですが、今年もどうかよろしくお願いします。


 世界の七不思議デュエル。長野市ボードゲーム会の今年最初のゲームはこれになりました。軍事勝利、科学勝利と言ったサドンデス決着で終わる印象の強いこのゲームですが、今回は第三時代の終わりまでもつれ込み勝利点勝負となりました。ゲーム終了がどういう形になるかいち早く読み切るのが重要なゲームです。


 くるりんパニック。旋回する飛行機からコインを守るアクションゲーム。電池を使ったゲームなのでボードゲームというよりはおもちゃの色合いが強いゲームではありますが、それゆえに飛行機の動きが読みづらく、回避したと思ったら直撃を受けて死んでいたというような思わぬ展開を引き起こします。


 ガイスター。こちらはPS2のヨーロピアンゲームコレクションに付属していたミニガイスター。持ち運びやすい大きさでボードも折り畳み式とポータビリティは抜群です。


 オケアノス。世界の七不思議のアントワーヌ・ボゥザの変則ドラフトとセットコレクションのゲーム。潜水艦をパワーアップさせつつ深海を巡るというロマン溢れる一品。コンポーネントも凝りっ凝りです。


 ビブリオス。前半はドラフト、後半は競りでカードを集めるマジョリティ争いのゲーム。誰がどの色を集めているのか、あるいは集めていると見せかけて軸足を別の色に移しているのか、立ち向かうべきなのか、逃げるべきなのか。様々な駆け引きが水面下で繰り広げられる渋いゲームです。


 クリベッジ。トランプを使った2人用ゲーム。主にポーカーのように手札を揃えて得点を稼ぐゲームですが、この得点計算がなかなか込み入っていて難しい…… 運と技術の両方が必要なゲームです。


 ワールドフェア1893。マジョリティとセットコレクションのゲーム。マジョリティに関わるワーカーの配置とセットコレクションに関わるカードの入手が一手で行われるので毎手番ジレンマに悩まされます。


 Xニムト。NSVの首魁シュタウペによるニムトエンジンを使ったゲーマーズゲーム。最大人数4人というスペックから立ち上るガチな雰囲気。戦略的なカード引き取り、つまりダメージコントロールの技術を競うゲームに変貌しています。


 ラグランハ。日本語版が先日発売されましたがこちらは英語版。経験者2名と初心者2名という組み合わせでプレイしましたが結果は接戦。少なくない運要素を散りばめつつ誰でも勝負に絡める緻密にデベロップされた得点バランスの巧妙さに唸らされますが、それだけに勝ち切るのが難しいゲームでもあります。


 ツインズ。クニツィアの手による「カード2枚だけ使うポーカー」。極限まで簡略化されたポーカーであるがゆえに、どこで勝負を仕掛けるかの技術比べという側面が際立ちます。


 ウィナーズサークル。こちらもクニツィア作の競馬ゲーム。プレイヤーはどの馬を勝たせるかサイコロを振って決めるのですが、「強い馬ほど人気がある」競馬のシステムが「人気がある馬ほど強い」という逆転の構図によってうまく表現されています。


 ワードバスケット。カードを使ったしりとりゲーム。早い者勝ちで目まぐるしく場札が変わっていくので手札を減らすのも一苦労です。使いにくい手札ばかりになってしまったらリセットしてカードを引き直す勇気も必要になります。

 写真は撮っていませんが、他にもピット、よくばりハムスター、インサイダーゲームなどを遊びました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。
posted by ホリケン at 20:44| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: