2017年02月22日

2/19 第26回長野市ボードゲーム会



 先日のボードゲーム会には14名の方にご参加頂きました。朝はそれほど人が多くなかったのですが、昼過ぎからワッと人が集まり、追加の机も用意して大変賑やかな一日になりました。こうした状況が続くようであれば、部屋ももう少し広い場所を確保した方がいいのかなと思うのですが、しばらくはこのまま経過を観察したいと思います。


 パッチワーク。アプリ版のパッチワークではゴールを越えるようなタイルも獲得できるとのことだったので、それじゃそのルールでやってみましょうということで一戦。ゴール近辺での駆け引きが濃密になるので(最後にタイルを獲得した側が理屈としては優勢になるので)これはこれで面白いかなと思います。


 テレストレーション。絵と文字を交互に繋げる伝言ゲーム。愛妻弁当がいつしか幕の内弁当に変わってしまった時には冷めていく夫婦仲を想像してしまったりと裏側のドラマも楽しめます。


 サンファン。長野市ゲーム会では2014年の第2版が遊ばれることが多いのですが、今回は2004年の初版を。初版の方が若干バランス面は荒くはあるのですが、プレイフィールは遜色ない楽しさがあります。やり込んだ人同士でもなければ初版でも十分な対戦が楽しめるでしょう。


 リカーリング。手札と場札を交換して、手札を出し切ることを(とりあえずは)目指すゲーム。場札と手札が頻繁に入れ替わるのでシャッターチャンスが難しいですね……


 コウモリ城。独特のギミックでフェルト製のコウモリをフワッと飛ばして窓に通したり引っ掛けたりしたら得点。言ってみれば輪投げのような感じですかね。見た目にもわかりやすく、思い通りに飛ばすにはテクニックが必要なアクションゲームです。


 タウシュラウシュ。お題カードを達成できるように手札と場札を交換して手札を整えるゲーム。どの場札を誰が取ったか覚えておけば先にお題を達成できるかどうかも読めるかもしれませんが、基本的には自分の手札を整えるだけで精一杯なゲームという印象もあります。


 ねことねずみの大レース。木コマたっぷりで見た目にも華のあるドイツ風すごろくゲーム。しかしながらリスクとリターンを考えながら手を進めなければいけないのがなるほどドイツ流。より先に進んで大きなチーズを目指すか、ここで妥協して確実にチーズを取るか、判断が求められます。


 ペンギンパーティー。ペンギンカードをピラミッド状に配置するゲームですが、ペンギンは下の段のどちらかと同じ色でなければなりません。誰が何色をどのくらい持っているか外からはわかりませんが、早めに二段目に積み上げようとする色のペンギンをその人は多く持っているかもしれませんよ。


 星の王子さま。フランスの作家サン・テグジュペリの原作をこれまたフランス人のボウザとカタラがボードゲームとしてデザイン。プレイヤーはそれぞれ自分の星を作るのですが、バオバブの木が3本生えるとその土地は不毛の地になってしまう等、原作に即したギミックが盛り込まれています。


 セレスティア。飛行船でより高くまで飛べば凄いお宝が手に入るよ。船長がちゃんと操縦できるかはわからないけどね! 船長と共に空を昇るか、あるいは船から去るか、一蓮托生の判断を迫られるチキンレースのゲーム。次の手番に自分が船長になるかどうかも含めてこの船旅の結末を想像しないとなかなかお宝は手に入らないでしょう。


 イスタンブール。2014年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門受賞作。プレイヤーは商人となってイスタンブールの街を歩き回り、高価なルビーを集めます。ルール説明で思わず「なるほどなあ」と感嘆のため息が漏れるほどシステムに工夫の凝らされたゲームです。かと言ってそれほど重くもなく1時間程度で終わるのもいいですね。


 マンマミーア。記憶ゲームに見せかけたチキンレースのピザ作りゲーム。レシピを完成させるのに足りない具材は手札を投げて追加できるので、十分な具材が溜まるその一歩手前でレシピを投げつけるのがポイントです。でも全員がそんな感じに前のめりでプレイすると誰もレシピを完成させられないことも……


 デモンワーカー。国産のワーカープレイスメントゲーム。それぞれ特殊能力を持つ悪魔のワーカーを召喚、使役して得点を稼ぎます。召喚と使役にはそれぞれコストが必要になるので、自分の手持ちと相談して悪魔を操らないと効率的に得点を稼ぐことはできません。


 八分帝国伝説。1人あたり8分で濃密なエリアマジョリティが楽しめる八分帝国のスピンオフ。ファンタジー世界を舞台に軍隊を動かして大陸の覇権を競います。


 ネイバルウォー。第二次世界大戦の軍艦同士でドンパチするアバロンヒルのカードゲーム。さすがに今となってはオールドスクールな殴り合いのゲームですが、本格的なウォーシミュレーションと違って時間もさほどかからないのでよく遊ばれているようです。


 ラミーキューブ。1980年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作。イスラエルのゲームです。手持ちのタイルを組み合わせてセットを作るのは麻雀っぽくはあるのですが、既に場に出ているタイルと手持ちタイルを組み替えられるのが最大の特徴です。それだけに自分の一手が他人のアシストになってしまうこともありえるのです。


 ファクトリーファンナー。タイルを繋げて材料から貯蔵庫までのライン工程を作るパズルチックなゲーム。若干のアクション要素もあるものの、どちらかと言えばしっかり考えてタイルを選択しないと酷い減点を負うため、反射的に手を伸ばすのは危険なゲームです。


 ごいた。能登地方に伝わる伝統ゲームのカードゲーム版。とかく語りたがりの人が多いので難しいゲームだと思われがちですが、これは気楽に遊んでみるのがいいかと思います。


 アクエリアス。正体隠匿要素のあるカラフルなカードゲーム。自分の勝利条件となる色を4枚繋げれば勝ちなのですが、特殊カードによって勝利条件カードがコロコロと変わります。緻密というよりはザックリとしたプレイ感ですが肩の力を抜いて楽しめます。

 写真は撮っていませんが、他にもブラックストーリーズ、海底探検などを遊びました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。一応、3月26日が予定としては濃厚です。
posted by ホリケン at 22:23| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: