2017年05月25日

5/21 第29回長野市ボードゲーム会



 先日のボードゲーム会には15名の方にご参加頂きました。ここのところ部屋が狭くなるほど盛況続きだったのですが、今回はちょうどいいくらいの賑やかさでしたね。
 部屋について施設の方に聞いてみたところ、日曜日は何かしらの講座が入っているので現在の208号室より大きな部屋を一日借りるのは難しいとのこと。ただし、午後からは大部屋が空くので午後のみ大部屋を借りることで大人数にも対応できるのではないかなあと思っています。人が増えるのがは午後からというパターンが多いですしね。
 今年になってから初めて参加される方が大変増えています。引き続き状況を見ながら判断していきたいと思います。



 犯人は探偵の中にイる。ジジ抜きの要領で抜かれた時刻、動機、凶器のカードを当てるゲーム。探偵プレイヤーは一人だけ混じっている犯人プレイヤーが誰かを当てた上でゲーム開始時に取り除かれた時刻、動機、凶器まで完全に当てなければなりません。


 ドミニオン。2009年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作。今回は新拡張の「帝国」入り。デッキ構築型と呼ばれる、カードを買い集めて自分だけのデッキを作るこのジャンルの誕生は、TCGプレイヤーなどから注目を集めて多くのファンをボードゲームの世界に誘いました。


 シェフィ。羊を1000匹に増やす一人用カードゲーム。羊は案外ぽこぽこ増えていくのですがゲームの途中に訪れる様々な試練から半壊滅することもしばし。羊の世界は厳しい。


 クラッシュアイスゲーム。一時期話題が沸騰したアクションゲーム。ペンギンを落とさないようにルーレットに従って氷をハンマーで打ち抜くのですが、締め付けが割とキツいので危険な抜き方をしても結構持ったりしますね。


 ミノスの迷宮。春ゲムマの新作。迷宮のどこかにいる姫を見つけて出口まで連れて行くという内容。どこか90年代の香りが漂う直接的なインタラクション込みの桃鉄風ゲームですね。


 サントドミンゴ。カードを1枚伏せて出して同時公開。勝利点や商品を取り合うのですが、同じカードを出してしまうと取り分が減るよ、という真っ当なバッティングゲーム。一度使ったカードをどこで回収するのかタイミングがキモなんでしょうかね。


 キャットアンドチョコレート日常編。日常のピンチに対してアイテムを使って解決する大喜利ゲームのシリーズもの。テーマが日常編ということであるあるネタが多いんですが、それに対して手札の使い所が難しい……! 「一億円」の解決力は高すぎますね。


 ほんの気持ちです雅。同名のゲームをリメイクした春のゲムマ新作。様々なルールの中から今回はリアルタイムルールの疾風を選択。ぽち袋に入れた得点を厚みから推測して選択するゲームですがわかりそうでまったくわからない……! いつまでもあれじゃないこれじゃないとぽち袋を場に戻しては欲深さを発揮しました。


 センチュリー:スパイスロード。シルクロードを行き来する商人となってスパイスを集めて得点カードを獲得するゲーム。スッキリした触感ながら、状況をよく見ないと手が遅れる味わいのあるゲームになっています。謎の日系人エマーソン・マツウチのおそらくはデビュー作。ほどよいプレイ感で今後定番化するゲームかもしれません。


 マギアルマ。こちらも春のゲムマ新作。カードの指示に従ってリアルタイムでキューブを積み重ね、成功したらダイスを振ってダメージを与えます。リアルタイム・ダイス・アクションと引きの強い要素をテンコ盛りにした欲張りなゲームですね。


 2位じゃダメなんですか。カードを使って2位を目指す一風変わったゲームです。手札の数字の分だけ自分か相手の駒を進めるすごろくチックな見た目なゲームなのですが、あくまで狙うのはトップじゃなくて2位。ちょうどいい場所に落ち着くのが難しいゲームです。


 エレファント。コロレットなどで知られるミヒャエル・シャハトの一風変わったテーマのゲーム。プレイヤーは商人となってツボを集めるのですが時折ゾウがやってきてツボを壊してしまう……というもの。ぼくはプレイしていないのですが、シャハトらしいプレイヤーを悶絶させる仕組みのカードゲームとのこと。


 ボヘミアの村。オルレアンの作者ライナー・シュトックハウゼンのダイスゲームで、ボヘミアの村の様々な施設に自分のコマを置いてお金を稼ぐことが目的です。お金を稼ぐ手段は色々とあるのですがユニークなのは「宿屋」の効果。手番が来たら宿屋の効果を宣言すれば1金が貰えるのですが、これはダイスを振る前に宣言しないと貰えません。手番になってダイスが手元に来るとつい宣言を忘れてダイスを振ってしまうことがよくあります。それだけダイスは魅力的なのですね。


 スタータップス。神戸ゲムマで発表されたオインクゲームズのゲーム。2015年に発売されたライツのリメイクで企業カードを集めて利益の独占を目指すゲームです。こちらは遊んでないのでプレイ感はよくわかりません。すみません。


 マンモス。トランプのベリシネベリシに特殊カードを加えたブラフゲーム。動物の名前とそのカードを何枚出したかを宣言して場に伏せて出すのですが、嘘をついても公開した1枚さえあっていればOKなので、例えば手札のリス2枚と何か1枚を出してリス3枚を宣言すれば66%は成功する……みたいな考え方ができるわけですね。


 バス。オランダのマニア向けメーカー、スプロッター社のデビュー作にしてワーカープレイスメントの始祖の一つに数えられるゲーム。プレイヤーはバスを運行させてなるべく多くのお客さんを運ぶことを目指します。ゲームを通して20回しかアクションが選択できないのにも関わらず、選んだアクションが無駄になる場合も多く、一手の重みに唸る作り。スプロッターは当時からこんなんだったんだなあと思わされました。


 カップル危機一髪。ライナー・クニツィアのトリックテイキングゲーム。男女関係の機微を描いたゲームで最も大きい数のカードを出したプレイヤーは青の失点を、最も小さな数字のカードを出したカードは赤の失点を貰います。この青と赤の失点は両方集めると対消滅するので、なるべくバランスよく集めるか、あるいは全く貰わないように立ち回るかを配られた手札から考える必要があります。


 K2。世界で2番目に高い山、K2の登頂を目指すゲームです。プレイヤーは2キャラのチームを操り、極寒の雪山を登っていくのですが、頂上に近づくほど寒さが厳しくなるので退き時を間違えると持ちキャラが死んでしまいます。どのタイミングでアタックを仕掛け、どのタイミングで撤退するか。雪山登山のダイナミックな魅力を詰め込んだゲームです。


 マギアレーナ。言ってみればカナイセイジ版ドラクエ闘技場。多人数対応していることもあってか最近よく遊ばれる印象ですね。


 ティキトップル。各人が隠し持っている目標のトーテムを残すべく、他のトーテムを脱落させていくバトルロイヤル的なゲーム。結構よく見るんですが実はまだ遊べてません。


 カードオブザデッド。国産のゾンビテーマのゲーム。こちらも遊んだことがないのでどんなゲームかはちょっとよくわかりません。


 クイビット。1から5までのカード1枚を伏せて出して同時公開。ルールに従ってコマを動かすのですが、自分の色のコマが同色の葉っぱの上に着地できないとカードを失ってしまいます。バッティングゲームでありながらヒントがそこかしこに散りばめられいているのはレースギャロッポ的な感覚もあり。しかしこちらは失敗すると手札を失ってどんどん自由度が失われていくのが辛くも面白いところです。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。一応、6月25日が予定としては濃厚です。
posted by ホリケン at 21:09| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

4/23 第28回長野市ボードゲーム会



 先日のボードゲーム会には17名の方にご参加頂きました。今回も午後からは追加の机を用意して4卓でゲームが成立するという盛況さが続きました。これくらい人数が多いとゲームも様々選びやすく、随分と遊びやすい環境ではないかなと思いますが、一方でこれ以上人数が増えると狭苦しさが先立ってくるかもしれません。3ヶ月続けて活況が続いていますので一回り大きな部屋を借りることを検討しています。


 キングドミノ。技巧派デザイナー、ブルーノ・カタラと今波に乗っている気鋭のメーカー、ブルーオレンジとがタッグを組んで送り出した手軽な戦略ゲーム。手番で獲得したドミノ式の2ブロックタイルを5*5の正方形になるように並べて自分の国を築きます。今年のドイツ年間ゲーム大賞の有力候補との見方も強いゲームです。


 インサイダーゲーム。正体隠匿とYES/NOクイズを合体させたようなコミュニケーションゲーム。慣れてくると定番の質問が続いてインサイダーをあぶり出すのが却って難しくなることもあり、プレイヤーの習熟度合いに従って別の表情を覗かせる興味深いゲームです。


 ボーナンザ。収穫3部作など重量級ゲームを送り出すウヴェ・ローゼンベルクのデビュー作。こちらも豆の収穫をテーマにしたゲームではありますが、手札の順番入れ替え禁止という特徴的な制限とプレイヤー同士の自由な交渉ルールとが噛み合って独特のプレイ感を生み出しています。ボードゲームを始めた頃は「デッキが3回尽きたらゲーム終了」というルールの意味がわからなかったのですが、このルールがゲーム中盤以降のカードの価値に変化を及ぼしていることがわかってローゼンベルクの手管に舌を巻いた覚えがあります。


 アイスクール。ペンギンコマを指で弾いて追いかけっこするアクションゲーム。テクニック次第ではカーブをかけたりジャンプさせたりといった妙技も使えるらしいですが、それにはかなりの修練が必要そうです。スカった瞬間の悲しさ&面白さ。


 デモンワーカー。国産のワーカープレイスメントゲーム。ワーカープレイスメントというととかく重いゲームが多いジャンルなのですが(複雑なやりとりを簡略化するためのインターフェースなので当然なんですが)、このゲームはかなり軽く仕上げている印象です。今回は2回目のプレイになりましたが手数を使わずにリソースを得点化できる目標カードが重要なのかなと感じました。


 インシディアスセブン。ビッド系のトリックテイキングゲーム。マストフォローの仕組みとしてスートだけではなくランクでもフォローしなくてはいけないのが特徴的でもあり間違いやすい点でもあるかもしれません。この手のトリックテイキングゲームでは初めての人が混ざっている場合、「今出せるカードは○○と○○で、なかったらなんでも出せるよ」「今出てる一番強いカードは○○で○○なら勝てるし、○○なら負けるよ」みたいな声出しを積極的に行うとリボーク(うっかりミス)を防げます。


 アールライバルズ。カナイセイジさんの2人用カードゲーム。遊んだことがないので詳細はわかりません。すみません! 今度遊ばせてください。


 ヒットマンガ。自分で考えたマンガのコマに合うセリフを読み上げて、かるたの要領で早取りするゲーム。少女マンガ的なお題が来るとセリフを読み上げるのがちょっと恥ずかしかったりも。大人数に対応していてルールも簡単なので使いでのよいゲームかもしれませんね。


 ホテルサモア。最近活躍の著しいオストビーのちょっと昔の戦略ゲーム。リゾート地でお客を歓待してお金を儲けるのが目的で「宿泊料金と設備投資の額が書かれたカード1枚」を伏せて競りを行います。1枚のカードで2つの用件が決まってしまうのがこのゲームのキモで、設備投資は安く済ませたい…… でも高い価格をつけないと先にタイルを取られてしまう…… かつ宿泊料金はガッポリ稼ぎたい…… でも安くしないとお客を他人に取られてしまう…… と悩みどころが満載のゲームです。


 メトロ。2000年のドイツ年間ゲーム大賞推薦リスト作。線路をながーく繋げれば勝ちという目的のゲームで最終的な盤面がぐっちゃぐちゃの路線図になるのが一見の価値ありです。写真はゲーム開始時のものなのでなんだかよくわかりませんね。すみません。


 犯人は探偵の中にいる。国産の推理ゲームですが、未プレイなのでよくわかりません。すみません。


 犯人は踊る。こちらも国産の推理ゲーム。若干のテキスト効果から犯人の持ち主を推理する手軽なゲーム。今回は犯人に加担するたくらみカードを犯人以外が出して全員が勝利するという珍場面がありました。


 ピーパー。大富豪の亜種ですが、誰かの1枚出しに対応してどこからでも2枚出しを出せるリターン、さらにリターンに対応して1枚出せるマインといった要素が特徴的なカードゲーム。基本は大富豪なのでどこから自分の攻勢を始めるかの見極めが重要なのですが、リターン、マインの要素で弱いカード1枚でも捨てられる機会があるのがテクニカルでいいですね。カウンティングも重要かと。


 バウンスオフ。大きめのピンポン玉をバウンドして枠の中に入れるアクション四目並べ的なゲーム。リーチがかかってからもなかなか最後の一つを埋めるのが難しく、あるいは敵チームにリーチを潰されたりもして、予想外の熱い展開に笑いが起きます。


 ロイヤルターフ。最近グループSNEから発売された日本語版。競馬のエッセンスをうまくボードゲームに落とし込んだライナー・クニツィアにしては珍しいテーマとシステムの合致したゲーム。プレイヤーの思惑が噛み合うと思わぬ伏兵が好走したりと競馬ならではの展開の妙味、ままならなさが味わえます。


 ヴィア・ネビュラ。マーティン・ワレスのピックアンドデリバー。重量級ゲームを得意とするワレスのピック&デリバーを中量級にシェイプアップ。しかしスケールは損なわれておらず濃密さはそのまま、ワレスゲーならではの豊かなインタラクションを存分に味わえます。


 ブロックス。アブストラクトの名作。角と角を接してブロックを伸ばしていくこのゲーム、多人数であれば大事なのはトップを叩いて均衡を図っていくことなので、自ずと口合戦の要素が強くなったりもしますね。


 ラグランハ。農業と輸送を題材に取ったゲーマーズゲーム。この手のゲームとしては比較的短い時間で終わるので最近遊ばれることが多いゲームですね。カードの使い道4種で頭を悩ませたり、生産した商品をどこに出荷するかで計画性を問われたりと手番は少ないですが考えどころの多いゲーム。2015年のスカウトアクション1位はやや出来過ぎの感もありますが、シュピールワークスの名を一躍高めたゲームであることは間違いないでしょう。


 ラッツィア。同名のゲームにラーのカードゲーム版がありますが、こちらはシュテファン・ドーラの裏向き同時出しカードゲームで博打打ちと警官の誰が賭場のお金を取るかのバッティングゲームです。ある種現在の日本の同人ゲームと似たようなシステムではあるんですが、このゲームが発売されたのは1992年。ドイツのゲーム文化は20年先んじていると考えるとその深さも窺い知れます。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。一応、5月21日が予定としては濃厚です。
posted by ホリケン at 21:26| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

3/26 第27回長野市ボードゲーム会



 先日のボードゲーム会には18名の方にご参加頂きました。先月に引き続き大変賑やかなゲーム会となって嬉しい一方でそろそろ部屋が手狭になって来たのではないかなという雰囲気も窺えます。これについてはもうしばらく様子を見たいと思います。
 また、参加者が増えたことでゲーム選択の幅が広がる一方で、どのゲームを何人で遊ぶか、という交通整理が難しくもなってきます。参加者の方には遊びたいゲームをドンドンと提案して頂いて頂けるとありがたいです。


 そんな顔してどうしたの? 動物顔まねクイズゲームとでもいうべきこのゲームは、テーブル上に並べられた6枚の動物の写真の中から秘密裏にダイスで決めた動物を出題者が顔まねします。出題者以外のプレイヤーは全員回答者となって親の顔まねした動物は何かを当てるのですが、複数のプレイヤーが正解した場合は正解したプレイヤー同士で顔まね対決を始めます。動物の微妙な表情に思わずツッコミを入れたくなる腹筋と表情筋が鍛えられるパーティーゲームです。


 ズーポリス。各人が共通の1-5の数字が書かれたカードを持ち、得点となる動物カードに伏せて置き、最も大きな数字を公開したプレイヤーが得点を得る……という概要だけならどこにでもありそうなゲーム。ただし、このゲームはカードを公開する前に他人の伏せたカードの数字を当てたら取り除けるという要素を加えていて、これが読み合いにもう一捻りを加えています。アイディア賞!


 そっとおやすみ。最近になってすごろくやさんから日本語版が発売されたカードゲーム。カードを交換して手札を揃えたプレイヤーはいつでも手札を倒して上がりを宣言することができます。そしてここからがこのゲームの勝負の始まり。すべてのプレイヤーは一斉に手札を倒し、最も手札を倒すのが遅れたプレイヤーがペナルティを受けます。椅子取りゲームのように瞬間的に勝負が決まるゲームなので和やかな会話の中で妙な緊張感が漂うゲームです。


 ゲームオブトレイン。手前に並べられたカードを小さな数字から大きな数字へと数字順に並べ替えるゲーム。カードにはそれぞれ特殊効果があり、この効果を活用できるかどうかが勝負の分かれ目になります。


 ペアってにゃー。サイコロを振って決めたお題(例えば「は」で始まる食べ物)を決めて、全員が一斉に宣言。自分と同じ答えを上げたプレイヤーが1人だけいれば(ペアになれば)ポイントゲット、というゲーム。回答が1人だけでも3人以上でもダメなので、ほどよく思いつける言葉を選ばないと得点になりません。


 キャット&チョコレート日常編。日常の様々な危機に対して指定された枚数の手札を使ってどのように切り抜けるかをプレゼンする大喜利系のゲーム。指定された枚数の手札を必ず使わなければならないのがポイントで、全く関係ない手札をどのように解決に絡ませるか発想力が求められる局面が多いです。


 ヴィア・ネビュラ。重厚なゲーム作りで知られるイギリスのゲームデザイナー、マーティン・ワレスが気鋭のフランスのゲームメーカー、スペースカウボーイズとタッグを組んで送り出した60分級のピックアンドデリバー(実プレイ時間は90分くらいだったかな?)。ワレスの得意とするインタラクション豊富なネットワーク構築を現代風にシェイプアップしつつ氏の代名詞でもある借金要素をこっそりと忍ばせるいたずら心が見逃せません。


 こちらは同じワレスの代表作ブラス。イギリスの産業時代を舞台にしたゲームでプレイヤーは様々な産物の需要と供給を睨みながら工場や港を建設して利益を上げていきます。細々とした例外処理が随所にありながらも基本的なルールはスッキリとしていて、近年の重ゲーに慣れた身からするとむしろ清々しさも感じるほど。しかしながら手札管理のままならなさに終始唸りっぱなしの苦しくも楽しいゲームです。この日は参加希望者が多すぎて嬉しくも申し訳ないまさかの事態になりました。またやりましょう。


 PIX。ドット絵でお題を表現する一風変わったお絵かきゲーム。お絵かき要素とは直接には関係ないんですが、グループ内対抗戦とでも言うべきプレイヤーのグループ分け要素に他のゲームにはないオリジナリティがあって、ドット絵というアイディア頼みに終始しないこのゲームならではの味わいがあります。


 Dwar7s Fall。タイトルはDwarfのfを左右逆にして7にしています。こちらは参加していないので詳細はわからないのですが、冬に備えてドワーフ達が宝石や食料を集めて城を建てるタイル配置のゲームだそうです。


 クロンダイク。砂金採りを模したゲームです。手番プレイヤーはパンニング皿を揺すって砂金だけを皿に残すようにうまく操るのですが、同時に他のプレイヤーは手番プレイヤーが幾つ砂金を皿に残せるかを予想します。砂金だけをうまく皿に残すのは結構難しく、一生懸命に皿を回すプレイヤーの姿におかしみがあります。


 ロイヤルターフ。グループSNEから日本語版が発売されたクニツィア作の競馬予想ゲーム。プレイヤーは観客となってそれぞれ勝ち馬を予想するのですが、同時にダイスを振ってどの馬を進めるかを決めます。多くのプレイヤーが賭けた馬は優勝する確率も高いですが一方で配当も低くなってしまいます。他のプレイヤーと協力しつつも要所で出し抜く大胆さが必要なゲームです。


 世界の七不思議デュエル。パンテオン拡張入り。拡張要素として新しく加わった神カードは第一時代にどんなカードをコイン幾つで使えるかが決まり、第二時代以降に真価を発揮します。拡張なしに比べてサドンデス勝負で決まりにくいのかも、という感覚もあり、得点カードを確実に獲得していくのが重要なのかもしれません。


 カルバ。2016年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作。タイルを配置して道を作り、冒険者を遺跡まで導くゲームです。言わばビンゴ方式で読み上げられた番号のタイルを全員が同じタイミングで使用するのですが、それだけに他のプレイヤーの動向を伺い、一歩でも早く遺跡まで辿り着くことが肝要となります。ルールは至極簡単ですが随所に勝つためのテクニックが潜んでいて習熟のレベルに応じて異なる表情を見せるゲームでもあります。


 マギアレーナ。カナイセイジさん作のギャンブルゲーム。闘技場を舞台にどのモンスターが勝利するかを予想しつつ、そのモンスターが勝てるように手札を使って肩入れします。カナイセイジさんの代表作「ラブレター」から遡ること4年前、2008年発売のイカサマージをリメイクしたもので、伏せカードから特殊能力が飛び交うバタバタ感は後年の「成敗」にも通じるところがあるようにも思います。


 ブラフ。1993年のドイツ年間ゲーム大賞。最近アークライトから日本語版の発売がアナウンスされたのですが「そう言えば日本語版ってなかったな」と初めて気づかされたような定番感のあるゲームです。ブラフのタイトル通りハッタリをかますゲームではあるのですが、ダイス運に自信のない人ほど、ハッタリなんか言わずに正直に生きていきたいナアと思わされるゲームでもあったりします。


 アメン・ラー。2003年のドイツゲーム賞1位。最近テンデイズゲームズから多言語版が発売されましたがこの日遊ばれたのは当時の原語版。クニツィア作のゲーマーズゲームでやはり氏のゲームに多く見られる競りを主体としたゲームです。特徴的なのはゲームが前半と後半に分かれていて、ナイルの洪水が起きた後半戦では前半戦で建てられたピラミッドによって土地の価値が前半戦とは全く様変わりするところ。エジプト文明のスケール感を上手くゲームに活かしています。

 写真は撮っていませんが、他にも私の世界の見方、ペンギンパーティ、QUIXO、ラブレター、タイムボム、パッチワーク、花見小路などを遊びました。

 次回のゲーム会ですがまだ日程は決まっていません。正式な日時が決まりましたらブログやTwitterにて告知いたします。一応、4月30日が予定としては濃厚です。
posted by ホリケン at 21:59| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする